リリーのセレンディピティ

アラフォーママ、リリーのしあわせ探し

【スピリチュアル】お盆あるある ~犬が吠える時~

みなさんのお家のワンちゃん、犬が吠える時、犬が鳴く時ってどんな時ですか?

 

わが家の犬が家にいる時は…

窓を開けている時➡吠えることがあります。

閉め切っている時➡吠えません。

 

犬が吠える理由。

それは至ってシンプルです。

 

窓を開けていると、外で吠えている犬の声が聞こえ、それに反応するからです。

わが家の犬は、知らない犬を見たり、犬の鳴き声をを聞くと過剰に反応します。

 

しかしながら、最近は、

窓を閉め切っていて、犬の鳴き声が聞こえなくても吠えます。

 

「なんでかな?」と思っていたのですが、

息子のひとことで理由がわかった気がします。

 

4歳の息子が犬の部屋を指さし「おじいさんがいる」と。

そのおじいさんはママに似ているとのことでした。

僕には似ていないと。

 

もしかしたら、

息子と犬達には、見えない「何か」が見えるのかもしれません。

 

私の母に話すと、祖父の写真を送ってくれました。

息子に見せると「このおじいさんだ」とニヤっと笑いました。

4歳児のことなので、どこまで本当かはわかりませんが。

 

お盆だから戻ってきてくれたのかしら?

大好きな祖父に守られている実感が湧き、うれしくなりました。

 

それ以外にも、とても不思議なエピソードがあります。

 

4歳児の息子は、お言葉がゆっくりめなんです。

ある日、パパがお下品な言葉を使った時のことです。

それを聞いていた息子が突如落ち着いた口調でパパに語り掛けました。

「パパ、そんなにお下品なお言葉を使ったらいけないよ。

 そんなお言葉を使っていると、自分が損してしまうよ。」

澱みなく理路整然と話したのです。

それを言われたパパはバツが悪そうに謝っていました。

私は息子がいつもとあまりにも様子が違ったので、

何かのりうつったのではないかと思うほどでした。

今思い返すと、もしかしたら祖父かも?

 

最近は祖父のお墓参りに行けてないのですが、今度行こう。

【スピリチュアル】お守りが切れました!

f:id:lilygold:20200723205111j:plain

最近、日枝神社のお守りふたつが立て続けに切れました。

 

インターネットで「お守り」「切れる」と検索してみたところ、決して不吉な意味ではなく、お守りが身代わりになってくれた合図との記事がいくつかでてきました。

 

実は、思い当たることがふたつも!

 

【エピソード1】

先週月曜日の雨の日のことです。

雨の中、子供と自転車で二人乗りしていたところ、坂道で急ブレーキをかけたところ、スリップしたまま二人同時に転んでしまいました!

幸いふたりとも頭は打たず、転んだ場所が車が出入りするところだったのですが、運よく車も通らなかったので、何とか命が助かりました。

更に近くをあるいていた人が散乱した荷物を拾ってくださいました。

打ち所が悪かったら…、車が通っていたら…などと思うと背筋が寒くなります。

 

【エピソード2】

先週土曜日の、またまた雨の日のことです。

子供が濡れた床に足を滑らせ、固い床に頭をぶつけました。

といっても、たまたまその時背負っていたリュックがうまい具合に床と頭の間に入り、奇跡的にクッションとなってくれたので、全く問題がありませんでした。

普通に考えたら背中にあるはずのリュックがなぜ頭の下に移動したのか謎ですが…。

 

このふたつのエピソードの時期とお守りが切れた時期が合致しすぎてます。

日枝神社様が守って下さったと信じてます。

本当に本当にありがとうございます。

 

思い返せば、安産祈願、愛犬の手術、海外出張したいとお願いした時も、全て願いを叶えてくれた神社でした。

 

切れたお守りとともに、お礼参りに行きたいと思います。

【YouTube動画】マナブさん「頭の悪い人 特徴と改善案」

フルタイムで働きながら、大学院で学び、4歳児を子育てしている、アラフォーママのリリーです。

 

私は、毎日やるべきことをタスク化してます。

大きく分けて日々やるべきことは、以下の三つ。

①仕事

②自分の勉強

③子供の学習

残念ながら、①③で疲弊してしまい、ついつい自分の勉強が後回しになりがち。

これは反省すべき点です。

 

さてさて、そんな忙しい中でも、自分の勉強の一環として、毎日必ずしているのがYou Tube動画勉強。

これは、音声をききながら、他の作業をすることができるので、自分の時間がなかなか取れない私でも難なく続けられます。

 

ほぼ毎日きいているのがマナブさんの動画!

www.youtube.com

 

「頭の悪い人 特徴と改善案」という少々ショッキングなタイトル。

 

動画中の冒頭で紹介されている常套句を使う人がそんな頭の悪い人だとか。

 

確かにそれを連呼されたら、私も辟易しちゃいますね。

 

 

この動画で一番ビビっと来たのはこちら。

後半部分でマナブさん自身の学生時代のエピソード。

 

失敗することによる気付き。

 

私自身も思い当たるふしが。

現在通っている学校で、ある厳しい先生に質問をされたので、その授業の流れに即した模範解答をしたところ、「それは二流の人のやり方です!」とピシャリと言われました。

その先生が考える一流のやり方はなるほど…と思う内容でもありましたが、私自身も仕事でよく行う手法でもあったので、何でそんなことが答えられなかったのかと非常に悔しい思いをしました。

ビジネスをする上で、いつもの会社のやり方を頭も使わずにしていたため、全く身になってなかったのですが、いつもの業務と授業の学びがビビビと繋がった瞬間でもありました!

 

アラフォーだと正直「失敗」はこわいです。

そして、私は完全なる自信がないと質問に答えられないところがあるビビり。

でも、幸いにも大学院という学びの場があるので、沢山意見して失敗しよう。

旅の恥は搔き捨て??大学院の恥も…??

そして、沢山の「何か」を得ようと、改めて思いました。